東京ぱちゃんげろ とは?

コロンビアやペルーなど南米を得意とするTomy & Salserinが1998年に伝説のラテン・バー「池袋バビロン」で始めたLatin All Mix & All Nightイベント。

当世クラブイベントブームの魁であり2018年11月には遂に開催回数241回、20周年を迎え、おそらく東京で最も歴史あるクラブイベントと言えるだろう。このイベントで遊び、学んだインストラクターやDJ、ミュージシャン、飲食店など多くの新進気鋭のラテンパイオニア達が各方面で活躍している。

Salsa以外のMerengue, Cumbia, Reggaeton, Vallenato, Cha-Cha, Bachata, Chokeなど全ジャンルのラテン音楽を積極的に発信するそこは正に “電車で行ける中南米”である。 師匠トミー、会長さるせりん、監督ぷりんの3人の絶妙な掛け合いで、鋭く奥深い選曲は聴く者、踊る者を唸らせる。
同じコンセプトでイベントを企画する団体名としても”Tokyo Pachanguero”を使用。

「聴け、踊れ、飲め、そして泣け!」をテーマにラテン全開モードで毎月第3土曜日に新宿Latin Club LEONで開催中♪

———-
姉妹イベント
———-
Barrio de LEON ★ バリオ デ レオン
@ 新宿 Latin Club LEON
毎月第1土曜日:Every 1st Sat